そのしわがクセになる前にボトックス注射

ボトックスの可能性を追求する銀座TUBAKIのボトックスメニュー

脚痩せボトックスですぐ美脚キャンペーン

治療詳細 両ふくらはぎに合わせて100単位注入
治療期間 1時間程度 写真は1か月後
治療費 ¥73,000(税別)
副作用 内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛、アナフィラキシーショック、などを生じることがあります。

ボトックス(botox)とは、A型ボツリヌス毒素から抽出した、毒性のない製剤(毒性のないA型ボツリヌストキシン)の事で、筋肉を弛緩させる作用があります。これをしわの筋肉に注射することにより、筋肉が弛緩、それを補うように周囲の筋肉が皮膚をひっぱる事により、しわが消え、効果が持続する間はしわが出来にくくなります。

施術にかかる時間も短く、個人差はありますが、だいたい2~3日で効果が出始め、3〜4か月程度続きます。

ボトックスで改善すること

シワを作る筋肉の動きを弱め、シワができにくい状態になります。
筋肉の束を細くして、ふくらはぎや顔を小さくします。
筋肉の麻痺を利用して、目元や口元の軽いリフトアップや、目を大きく見せるのに有用です。
サーマクールやリードファインリフトなどにボトックスを併用することで、より変化を感じられます。

ボトックスでできること

ボトックスは、表情筋との接合部に作用し表情筋の動きを止めます。
表情筋は、顔の表情を作る重要な筋肉ですが、あまり頻繁に動くと動かしたところがしわになってしまいます。ボツリヌス菌の毒素で表情筋の動きを鈍らせることにより、しわをできにくくします。

注入するだけで若々しいお顔に

→額のしわに有用、ツルツルの額になります。
眉間
→眉間の縦ジワに有用。
眉毛
→上がりすぎや下がりすぎのまゆを調整します。
目じり
→笑いジワ、カラスの足跡に有用。
目の幅
→目の縦幅を大きくし、パッチリした目になります。
鼻の横じわ
→笑った時にできる鼻の上の横じわに有用。
フェイスライン
→エラを細くして小顔に。
あご
→あごのラインをシャープに。
あごのシワ
→あごにできる梅干しのようなシワをに有用。
脇の下
→脇の汗を減らし、臭いに有用。
ふくらはぎ
→筋肉質なふくらはぎを細く美脚に。

しわはなぜできるの

治療詳細 眉間に1回注入。
治療期間 施術は1時間程度。写真は2週間後。
治療費 ¥25,000(税別)
副作用 内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛、アナフィラキシーショック、などを生じることがあります。
  • 顔のしわの多くは、微笑む、笑う、顔をしかめるなど、表情の変化によって顔の筋肉を繰り返し動かすことによって出来てゆきます。
  • 肌が若い間は肌内部のコラーゲン層に弾力があり、しわを「押し戻す」力がありますが、加齢によりこの力が弱まることで、だんだんしわが目立つようになってきます。しわは加齢により誰でも自然にできるのです。
  • しわは文字通り、治療しなければ徐々に深くなり、シワグセが付くようになってゆきます。しわは浅いうちに、早め早めの治療が有用です。

ボトックス治療が有用なしわ

ボトックスは全てのしわに効力を発揮するというわけではなく、顔の「表情筋の影響」によってできる表情ジワに限られます。(笑ったときに出来る目尻のしわ、悩んだり困ったときに出来る眉間のしわ、目を見開いたとき・眉毛を上に上げたときに出来るおでこのしわ、あごの梅干のようなしわ、への字口・口角がさがっている方など)
ボトックスで効果がないしわは、無表情のときにも刻まれているしわです。(ほうれい線など)ボトックスは、全てのしわに効力を発揮するわけではありませんが、気になるしわに有用です。

筋肉を動かした時、リラックスした時

治療詳細 眉間に1回注入。
治療期間 施術は1時間程度。写真は2週間後。
治療費 ¥25,000(税別)
副作用 内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛、アナフィラキシーショック、などを生じることがあります。

小顔・エラ・フェイスラインの施術

エラが張っている原因には、骨そのものが突き出ている場合と、筋肉が必要以上に発達している場合があります。グッと奥歯を噛み締めたときに耳の下にふくらみが出るなら、奥歯を噛み締める咬筋が発達し過ぎてエラが張っている証拠。このタイプの“エラ張り顔”を改善するのが、『エラボトックス注射(プチ小顔術)』です。

施術は、筋肉の動きを和らげるボトックスを、エラ張りの原因となる咬筋に直接注入するというもの。注射1本打つだけなので、約10分で終了します。術後はダイエットに成功したように徐々にシャープになり、やがてほっそりとしたフェイスラインへの変化を感じられます。繰り返し注射することで持続時間が長くなり、筋肉そのものも縮小していきます。

強く噛むと張る部分、いわゆる「えら」の部分が出ていると、顔が大きく・四角く見えます。

この部分にボトックスを注入します。顔の状態に合わせて位置や注入量を調整します。

注入部分の筋肉の厚みが減り、3日目くらいから効果出始め、1週間くらいで変化を感じられます。

ボトックス注入Q&Amp;A

ボトックス注射とフォトフェイシャル等の治療を併用して行っても大丈夫ですか?
可能です。ボトックス注射はコラーゲンが更に増えるので、相乗効果により、施術の効果を一層引き上げます。
ボトックス注射の副作用は?
ボトックス注射は、眼科などで痙攣の治療に20年以上前から使用されており、重篤な副作用のない薬としてFDAでも認められています。 又、繰り返して治療を行っても問題がありません。
ボトックスの持続期間は?
額や目元のシワに関しては、個人差はありますが、3ヶ月~6ヶ月程度です。エラのボトックスは、特に硬いものをよくかんだりしなければ1年ほど効果があります。他の部位が1週間以内で変化が感じられるのに対し、エラのボトックスは1ヶ月ほどかかります。
ボトックス治療後の注意点は?
特に注意点はありませんが、顔にボトックスを打った場合、4時間程度は横にならないでください。また、1時間に1回程度目をパチパチさせるということを4時間行ってください。問題がなければ直後からメイク可能です。 当日の洗顔・入浴は可能ですが、治療部位をゴシゴシこすらないようにしてください。
ボトックスは痛いですか?
痛みはチクチクとする程度で、短時間でなくなります。骨に近い部位は、比較的痛みが大きいようです。
脇ボトックスをすると汗をかかなくなるのは本当ですか?
ボトックスは脇に注射することで、交感神経終末からのアセチルコリンの放出を抑制し、アセチルコリンの支配下にあるエクリン腺からの汗の排出を抑えます。これは4〜6ヶ月程度効果が持続します。脱毛と併用することで非常に効果があります。

症例写真

治療詳細 眉間に1回注入。
治療期間 施術は1時間程度。写真は2週間後。
治療費 ¥25,000(税別)
副作用 内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛、アナフィラキシーショック、などを生じることがあります。
治療詳細 額に1回注入。
治療期間 施術は1時間程度。写真は2週間後。
治療費 ¥31,000(税別)
副作用 内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛、アナフィラキシーショック、などを生じることがあります。
治療詳細 額に1回注入。
治療期間 施術は1時間程度。写真は2週間後。
治療費 ¥31,000(税別)
副作用 内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛、アナフィラキシーショック、などを生じることがあります

銀座TSUBAKIクリニックのボトックス治療

  • 銀座TSUBAKIクリニックでは、厚労省・FDA認可のボトックスビスタを使用しています。
  • しわとり治療は、しわの種類や症状、個人差によって適切な治療方法が異なります。 初めて治療を受けようとお考えの方は、しわとり治療に知識と経験がある医師に、ご自身にもっとも適した治療方法をご相談されることをお奨めします。
  • ボツリヌス治療は、この治療の薬剤の特性を十分に理解し、施注手技について十分な知識と経験がある医師が行わなければなりません。医師がボツリヌス治療を行うためには、事前にA型ボツリヌス毒素製剤の取り扱いに関する講習・実技セミナーを受講し、施注資格を取得することが義務付けられています。
  • 銀座TSUBAKIクリニックの医師およびスタッフはアラガン社の講習・実技セミナーを受講し、薬剤の特性ならびに薬剤の取り扱いについて正しい知識と技術をご提供いたします。

・実技講習の様子

アラガンジャパンのページはこちら

薬剤につきまして

BOTOX VISTA(ボトックス ビスタ)

  • メーカー:Allergenボトックスビスタ
  • 製造国:アメリカ(アイルランド)
  • 承認:FDA承認・日本厚生労働省承認

BOTOX(ボトックス)は、ボツリヌス菌が生み出す毒素を精製した薬剤の商品名であり、“BOTOX”は、米国アラガン社(Allergen)の登録商標です。

ボトックス注射の有効成分であるA型ボツリヌス毒素は、ボツリヌス菌(Clostridium Botulinum)によって産生されるもので、一時的に筋肉の働きをブロックしシワをできにくくします。

BOTOX(ボトックス)はもともと、眼瞼痙攣などの神経学上の症状を改善する製剤として1989年にFDA(米国食品医薬品局)に承認され治療に使用されてきました。その後、眉間のシワ治療薬としてFDAに承認されてから美容目的での使用が増え、メスを使わないプチ整形のシワ取りとして広く利用されるようになりました。日本国内向けの正規品につきましては、2009年に厚生労働省より承認を得ています。

当院では、適切な保管・運送体制が保証された、日本国内向けの正規品である「BOTOX VISTA」(ボトックスビスタ)を、アラガンジャパン株式会社より直接購入しております。

ボトックスビスタは厚労省認可の薬剤です。

日本でも、アメリカでも認可

2009年2月に厚生労働省の承認がおり、日本国内での発売が開始された「ボトックスビスタ」が美容医療界で普及しています。ボトックス注射に使われるボツリヌストキシン製剤は、今まで全てが輸入でまかなわれており、正式に日本で発売されました。従来のボトックス注射の製剤は日本では未承認であったわけですが、レーザーや光などの美容機器やボトックスのような製剤は、そのほとんどが外国のメーカーが開発したもので、それらはFDAの認可がおりているかどうかが1つのポイントとなります。
FDAとは、日本の厚生労働省のような役割を担っている、Food and Drug Administration of the United States Department of Health and Human Service(米国食品医薬品局)です。審査が非常に厳しく、FDAでの認可は世界が認可したのと同様といわれており、美容医療界ではFDA認可が重要視されています。

同じなのに違う?!「ボトックス」と「ボトックスビスタ」

ボトックスはデリケートな薬剤

ボトックスビスタは、ボトックスと同様、アラガン(アメリカ)から輸入していますので、「ボトックス」と「ボトックスビスタ」中身の違いはほぼありません。ですがその品質には大きな違いがあります。ボトックスは非常にデリケートな薬剤。輸送過程での保管温度や衝撃に非常に弱く、-5℃での保管が必要です。

「ボトックス」は個人輸入によって海外から届きますのでその管理体制は保証されていませんが、「ボトックスビスタ」はアラガンジャパンが責任を持って、厳密な品質管理体制で輸入されますので、鮮度・品質が保証されています。

「ボトックス」治療をお考えの方は、パッケージの日本向けマーク・日本語表示を確認してください。

Q&A

━━━ボトックス治療はよくされますか?
ボトックス注射はこれまでに多くの症例の施術をさせていただいています。実は美容治療はボトックスが初めてというお客様が結構多いんです。
━━━ボトックス注射で表情がなくなった、まぶたが下がっちゃったという話を聞きますが?
椿クリニックの患者様でそのような事になった方はいらっしゃいませんが、その方のシワの出方ばかりに気を取られて、多すぎたり、注入位置がよくなかったりするとそういうこともあるかもしれません。重要なのはシワの出方と、お顔の筋肉のつき方・動きです。ここをしっかり把握して注入すれば大丈夫です。
━━━ボツリヌス菌ってあの食中毒を起こす菌でしょう?
よく言われますが、ボトックスの薬剤は菌から作る訳ではありません。ボトックスで使われるボツリヌストキシンというタンパク質の名前から、『ボトックス』と呼ばれているだけで、日本でも15年以上前から使われている治療です。
━━━どのような方に施術を受けていただきたいですか?
小じわが気になりだした方にはまず、ボトックス注入を試していただきたいです。それから、まだ浅いけど、表情によっては同じところにシワが入るという方は、早めにボトックス注射をすることでシワが深くなって皮膚にクセがついてしまうのを防ぐのがオススメです。額などはピン!と張ってツヤツヤになるので感動的ですよ。

ボトックス注入(ボトックス注射)はこのような方におすすめです

  • 細かい表情じわが気になる
  • 眉間のしわを消したい
  • ほうれい線が気になる
  • 小じわ、しわが気になる

 

ボトックスの可能性を追求する銀座TUBAKIのボトックスメニュー

ボトックス(ボトックスビスタ)

しわ・たるみ・小顔 1回
眉間 ¥25,000
¥31,000
眼尻 ¥35,000
眉間 + 額 + 眼尻セット ¥72,800
小顔(エラ) ¥75,600

※表示価格は税抜きとなっております

副作用について

内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛、アナフィラキシーショック、などを生じることがあります。